現在地
  1. HOME
  2. Schedule
  3. 東京シティ・バレエ団『白鳥の湖』~大いなる愛の讃歌~

Schedule スケジュール

東京シティ・バレエ団の今後の公演やイベント予定をお知らせいたします。
会場内の熱気を肌で感じてください。

東京シティ・バレエ団『白鳥の湖』~大いなる愛の讃歌~

東京シティ・バレエ団
『白鳥の湖』〜大いなる愛の讃歌〜

日時

2024年11月30日(土) 17:30開演(16:45開場)
2024年12月 1日(日) 11:00開演(10:15開場)
2024年12月 1日(日) 16:00開演(15:15開場)

全3回公演 
上演時間2時間45分(休憩含む)

会場

東京文化会館大ホール
(JR「上野」駅公園口改札から徒歩約1分)
詳細・アクセス >>

チケット料金

【全席指定】 ※未就学児入場不可
S席:15,000円
A席:12,000円
B席:6,000円
C席:3,000円

U25シート
S席:8,000円
A席:5,000円
※年齢が確認できる身分証をご持参ください。


※公演中止の場合を除き、チケットの変更及び払い戻しはいたしません。

チケット発売情報

【販売開始日】
8月1日(木)10:00~

お問い合わせ

【チケットに関するお問い合わせ】
サンライズプロモーション東京 >>
0570-00-3337(平日12:00〜15:00)

【公演に関するお問い合わせ】
東京シティ・バレエ団 >>
contact@tokyocityballet.org

時代を超えた芸術家たちの共鳴、再びー。

1946年に『白鳥の湖』全幕を日本初演した際、舞台美術を手がけたのはエコール・ド・パリの代表画家である藤田嗣治(レオナール・フジタ)でした。当時の幕類はもちろん、資料も散逸し、長く忘れられていましたが、2018年に草案に基づく全幕版として蘇りました。新生"白鳥"は美術界からも喝采を浴び、バレエ界に新たな総合芸術が誕生しました。
石田種生演出の真髄である第4幕は、チャイコフスキーの壮大な音楽に乗り白鳥たちが己の運命へ立ち向かい、ラストまで見逃せないドラマが展開されます。3度目の上演となる本公演では、当団が誇るプリンシパルが一堂に会し、華麗な饗宴を繰り広げます。連綿と受け継がれてきた日本の美意識が描き出す、力強くも叙情的な舞台は必見です。
東京シティ・バレエ団が総力をあげてお送りする愛の讃歌を、藤田の原点ともいえる上野の地で、どうぞ心ゆくまでご堪能ください。
★特設サイト準備中(8月末公開予定)★



CAST

11/30 17:30

ロートバルト   濱本泰然
道化       林高弘
パ・ド・トロワ  斎藤ジュン 石井日奈子 福田建太

12/1 11:00

ロートバルト   杉浦恭太
道化       本間響
パ・ド・トロワ  松本佳織 新里茉利絵 栄木耀瑠

12/1 16:00

ロートバルト   濱本泰然
道化       岡田晃明
パ・ド・トロワ  植田穂乃香 折原由奈 務台悠人



ほか東京シティ・バレエ団
※出演者は変更となる場合がございます。これに伴うチケットの払い戻しは致しません。


STAFF


  • 演出・振付:石田種生
    (プティパ・イワノフ版による)


  • 美術:藤田嗣治
    (c)Ullstein bild/アフロ

芸術監督:安達悦子
演出(再演):金井利久
演出助手:中島伸欣
バレエマスター(ゲスト):ウィズラフ・デュデック
キャラクター・ダンス指導(ゲスト):ゲンナジー・イリイン
バレエミストレス:長谷川祐子 加藤浩子
バレエマスター:キム・ボヨン

音楽:P.I.チャイコフスキー
指揮:井田勝大
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

美術:藤田嗣治 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2024 G3561
美術製作:堀尾幸男
照明:足立恒(株式会社インプレッション)
音響:株式会社シグマコミュニケーションズ
衣裳:小栗菜代子
衣裳製作:工房いーち
大道具製作:東宝舞台
大道具:有限会社ユニ・ワークショップ
舞台監督:淺田光久(株式会社麻稀企画)

後援:一般社団法人日本バレエ団連盟
助成:文化庁文化芸術振興費補助金 (舞台芸術等総合支援事業(公演創造活動))
   独立行政法人日本芸術文化振興会
主催:公益財団法人東京シティ・バレエ団