現在地
  1. HOME
  2. Staff & Dancer
  3. 監督:金井利久

Staff & Dancer 団員プロフィール

監督:金井利久

Toshihisa Kanai

1938年東京生まれ。56年日大芸術学部演劇科に入学。福田一平に師事後、横山はるひバレエ団、松山バレエ団を経て68年東京シティ・バレエ団設立と同時に第一ソリストとして参加。主な作品として「ジゼル」ヒラリオン、「せむしの小馬」王様、「シンデレラ」継母、妖精、「ヘンゼルとグレーテル」魔女、「コッペリア」コッペリウス、「シェイクスピアの女たち」マクベスなど、個性的な役柄を演じ、好評を得る。また、自身の振付作品「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「おもちゃ箱」「Les pierrots」「ロマンス」「ジゼル」等の演出においては、豊富な経験を基盤とした演技理論と、登場人物の心情に添う演技指導で、後進の教育に成果を上げている。現在は、バレエマスター、振付家、付属バレエ学校校長という多角的な立場からバレエ団を支えている。公益財団法人東京シティ・バレエ団理事。東京シティ・バレエ団監督。

一覧へ戻る